キャラ付けされてもいい人  募集中(゚Д゚)
by Z_oldriver
カテゴリ
全体
日記
ハマリ物
ご挨拶
MYキャラ
オリジナル物
世界樹の迷宮Ⅲ
世界樹Ⅲプレイレポ
セブンスドラゴン
リッツカインレポートex
仮面ライダーフォーゼ
モンク祭り
小説[出会い編]
小説[外伝]
長編?[そして「人」に還る日]
長編[聖光は誰が為に舞う]
私のRO世界(小説設定)
私のRO世界(オリキャラ
私のRO世界(他人様キャラ
以前の記事
2013年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2010年 11月
2010年 09月
more...
最新のコメント
ホントなぁwみんなの真後..
by Z_oldriver at 01:04
流星はもうちょっと周りに..
by 寝待月 at 21:10
 まぁ、校長もいずれネビ..
by Z_oldriver at 18:39
こういう展開になると、 ..
by 寝待月 at 20:03
俺はアニメ9話を偶然見た..
by Z_oldriver at 02:02
3巻まで読み終えてから、..
by ソウ at 22:40
>極東民さん ありがと..
by Z_oldriver at 14:12
境ホラを満喫しているよう..
by 蛇足ですまん at 18:07
いつも記事読ませてもらっ..
by 極東民 at 02:11
面白かった!ホント面白か..
by Z_oldriver at 23:33
ブックマーク
▼別館になります(・ω・)
まったり徒然趣味雑記(・ω・)別館


▼RO
ラグナロク☆ねっとわーく
【RO2】Rhapsody of the Ragnarok Online.
OWN RAGNAROK
C's Barn(相互
狩場情報ひっそり
RAGtime
▽モンク祭り仲間ヾ(゚ω゚)シ
寝待月の社
戦いの黙示録
▽MyベルゼはこちらのAIを
 使わせて頂いてます(n・ω・)η
PrivateMoon

▼東方シリーズ
上海アリス幻樂団
Coolier

▼個人
かけらゆり
ゼニアオイの花が咲く
3日乗らないただの人(相互

▼おっぱい!おっぱい!(゚Д゚)
『閃乱カグラ -少女達の真影-』オフィシャルサイト

▼ランキング登録シテミマシタ
にほんブログ村 ゲームブログへ
おすすめキーワード(PR)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
漫画・アニメランキング
ゲームランキング
画像一覧
XML | ATOM

skin by excite


境界線上のホライゾン《Ⅱ》感想
読み終わったから書いたよ!!ε-(゚∀゚*)おもすれかった!!
今回はⅡの内容にしか触れてないので?は解除でw

なんだろうね…物理的な読みにくさ以外はまるで気にならない
むしろもっと!もっと話を!(゚Д゚)と思いたくなる。というわけでれっつ!

※注意事項
当記事にはライトノベル「境界線上のホライゾン」のネタバレが多分に含まれます。
これから読もうとしている方は読むべきではないと判断できます。  ――以上

 なんというか、最初から最後まで「戦い」な巻だったんじゃないだろうか…ってのが2巻の総じての感想かなぁ。

 最初に三征西班牙の襲撃戦に始まり、何とか退けたと思ったら英国の「女王の盾符」が立て続けに襲撃してきて武蔵はボロボロ、三征西班牙戦で地摺朱雀ブチ壊されてるし、ネシンバラはシェイクスピアにマクベスの呪いをブチ込まれるし、オマケに主力が乗った輸送艦は英国墜落で人質状態。シロジロとハワードの通商会議を経て、ネシンバラがマクベスの呪いと自分の過去と戦ってる中、春季学園祭で英国との相対戦…とまぁ上巻だけでこの内容ですよ。間に点蔵とメアリのイチャコラとか西班牙の生徒会事情とか入っちゃいるけど基本的に物騒だよなぁw
 そして上巻の時点じゃ完全に劣勢なんだよね武蔵側。優位には全く立ててない。通商会議ではシロジロ優位かと思ったけど、学園祭でハワードに逆手に取られちゃってたしなぁ。ここまではⅠで勢いのままに突っ走り出した武蔵に現実の厳しさが突きつけられてきたって感じ。

 しかしボロボロになりながらも目標に向かって突き進む武蔵が非常に熱い…!英国との国際会議を経て傭兵として参加するアルマダ海戦、それと平行して進行する点蔵を筆頭としたメアリ奪還戦、学園祭での相対に臨んだメンバーのリベンジの意味合いも含まれてはいるんだけど、皆が「点蔵のため」に来たんだよなぁ、ってのがわかるのがね…普段のノリなんだけど普段のノリのまま強い信頼があって、確かにそこには武蔵アリアダスト教導院3年梅組の結束がそこにあるんだよなぁ、ってのを凄い感じられる。

 メアリと点蔵の告白シーンはもうね、盛り上がるやら笑えるやらで大変忙しいシーンだったなぁwメアリさんもちょっとこの子テンゾーに惚れすぎじゃないスかね!「じゃあなんであの時チューしてくれなかったんですか!!」って本気で吹いたわwww
 いや、状況としてはトーリとホライゾンの時に近いんだけども、ある意味こっちの方がもっと凄まじい気がしたぞ?両想いの分タチが悪いんじゃろかこれwしかも決め手がエロってとこまで一緒かよと!wにしても世を敵に回す覚悟を決めたカップルが2組って凄まじいよなぁw

 で、メアリ奪還を成功してハッピーエンド…と思いきや、ここからがアルマダの本番と言ってもいいんじゃないかと思う。なんせここまで負ける気でいた三征西班牙側が本気で勝ちに来るのがここからだからねぃ。しかしアルマダはアデーレがホントに頑張ってたなぁってのを凄い思う。自身でも言ってたけど、本来あそこの位置はアデーレには重すぎるハズなんだけどねwでも選ばれたっていうのはやっぱ信頼があるんだろうなぁと。そして信頼に応えるだけの働きはしてるわけだからねぇ。作戦立案から現場での臨機応変な対応までしっかりこなしてるし、最後の最後にはネシンバラが「先にやられた!」って言っちゃう、つまり軍師が考えてたのと同じ事を先に思いついちゃったわけだから。しかもあまりにもブッ飛んだ戦法をw

 そう!そのブッ飛んだ戦法ですよ!まさかの武蔵八艦の大宙返り!もう挿絵だけで鳥肌モノのド迫力シーン!これがアニメで放送される事が確定してるんだぜ!?TV画面じゃ物足りねぇ!劇場の大スクリーンで見せろって言いたくなるような全竜の大回転ですよ!ここから大罪武装のぶつかりあい、そして最後の決め手に点蔵とメアリの王賜剣一型ですよ!もう脳汁で過ぎて興奮死するかと思ったわ!(ぁ

 総じて見ると、最初に言った「戦い」ってのもそうだけど、後はメアリ絡みとか諸々含めて「聖譜記述と歴史再現」の深刻さや重大さがいよいよもって分かってきたなぁ、と言った感じ。これから先もそういうシーンがどんどん出てくるんだろうしなぁ…

 で、キャラとしてはまず主役二人、どっちかと言うとホライゾンか、が自分の成したい事を明確に出来たってのが大きな事としてあると思う。セージュンじゃないけどねw教皇総長の言うとおり、英国がホライゾンに返した「強欲」の意味はかなり大きかったんだろうなぁと。思えば最初に取り戻す感情が悲しみ、ってのもかなりキツいよなぁ。

 主人公以外で通してⅡのメインだなぁ、と思ったのは武蔵サイドは点蔵、ナルゼ、ネシンバラ、三征西班牙で誾さん、フェリペのおっちゃんかなぁ。テンゾーはまぁ、うん、幸せになりすぎて死ね(ぁ というのは冗談としても、えぇ冗談としても。なんというかすっげぇ「良い奴」だなぁ…と。それが忍者としては欠点にもなるのかもしれないけど、それも含めて良い奴だわ、そりゃメアリさん惚れるわ、ある意味自然な流れというか、いや、最初メアリが傷有りとして正体隠してたからこそってのもあるかもしれないなw最初は男同士として接してたからこそ点蔵も変に気にせずに自然と打ち解けていけたのではないかとw

 幸せラッシュすぎた点蔵と対照的にナルゼとネシンバラは苦しんだなー、と言った印象。ナルゼは「白嬢」なしでの戦闘が続いて思う通りに戦えなくて、そこに加えて恋人のナイトは何だかんだ相対戦で結果残してるし…戦力外通告を受けるシーンは読んでて胸が痛くなったわ…だからこそ新型を受け取った時はすっげぇ盛り上がったけども!
 ネシンバラはいろんな意味で過去との対決だったなぁ。黒歴史同人誌だったり、武蔵に来る前の因縁だったり…マクベスの呪いの件も含めて、ネシンバラはⅡを通してずっとシェークスピアと相対してたって感じがする。メアリ奪還戦でのシェイクスピア戦も凄まじかったな…ここもアニメでは是非期待したいところ。文字のぶつかり合いからリア王と道真公の立ち上がりまで、ここも凄まじい迫力のシーンになるだろうなぁ…!

 で、誾さんですよ誾さん。この人も苦しんだだろうね…なんせ襲名解除から始まるからなぁ…自分を立花・誾である事しか価値がないと思っちゃってるフシがあるんで、襲名解除になったら宗茂と一緒にいられない、っていうのは誾さんにとっては命を賭けるに充分な理由なんだなぁ、と。これも歴史再現のキツいところだよな…また、宗茂が絶対そんなヤツじゃないって事を読者側としては思えるから余計に辛い。だからこそ最後武蔵で突然宗茂が現れたシーンはキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!ってテンションだったけどwホントこの二人も良い夫婦だよなぁ…殺し合いを越えてるだけあるわ(ぁ

 フェリペのおっちゃんは勢いじゃない、年長者ならではのカッコ良さだったね…遺そうとする者の遺志っつーか、なんだろうね、上手く言葉にできないね。っていうかなんでこんなにおっさんキャラはカッコいいんだろうね皆…!フェリペだけじゃなくベラスケスも隆包も、武蔵のヨシナオ王も、おっさんどもカッコ良すぎるんだよ…!酒井学長はⅡはあんまり見せ場なかったかな?w
 死んで欲しくない、って思えるね、ホント。っていうか誰も彼も武蔵にとっては敵なのは確かだし、ボッコボコにされてる相手なんだけど、皆が皆信念を持って戦ってるから応援したくなっちゃうんだよなぁ…つーかあれだ、嫌な敵がいまんとこ一人もいないってのが凄い。あ、利家だけちょっと含みがなぁ…しかし実際相対する事になったらまた変わってくるんだろうか。

 何度か読み返しながら思ったのが、ジョンソンが言ってた「you、複数形という意味でのyouと言おう」って台詞が実は後に対する伏線になってたのが凄いというか「Save you from anything」の絡みで実はかなり重要な布石が打たれてたんだよなぁ、と。
 妖精女王も良いキャラしてたなぁw巻頭の絵だけ見た時は高慢な感じに見えたけど、なんかこう、凄いんだけどおバカだったというかw豪快だったというかwメアリとの別れのシーンはグッときたね…
 後衝撃的だったのは地摺朱雀の中身かなぁ…まさかあんな事になってたとは…清・武田の辺りだって言ってたっけ?村があったの。故郷に近くなったらこの辺の話題も掘り下げられるんだろうなぁ…道往き白虎とのバトルシーンの映像化マジ楽しみです。残り2機もそのうち出てくるんだろうなー

 というわけでこの辺でオシマイ!(゚Д゚)Ⅲもたーのしーみだー!!
■  [PR]
by Z_oldriver | 2011-12-21 22:33 | ハマリ物
<< 境界線上のホライゾン《Ⅲ》感想 仮面ライダーフォーゼ 第13、14話 >>